世田谷でデング熱!娘の保育園でのデング熱・ジカ熱予防&対策

夕方のニュースで、世田谷区で、海外から帰国後にデング熱を発症した患者が、蚊に刺されていたことがわかって、世田谷区が蚊の駆除作業を始めた、と知りました
デング熱といえば、一昨年、代々木公園で感染者が続出してビックリしましたよねぇ。。


同じくニュースを見たママ友さんから

「保育園て毎日外で遊ぶんだよね?デング熱の予防ってどうしてるの?」

とメッセージが来て聞かれたので、娘の保育園での対策について紹介します
たしかに、外遊びのプロの保育園の先生方がどんな対策をしてるのか気になりますよね


【 保育園でのデング熱予防と対策 】

保育園側では、園庭には 

◎不要な水たまりを作らない
◎蚊取り線香を必ず炊く


などを徹底して対策してくださっています


そして、園からお願いされていることは、外遊び用に長袖&長ズボンを準備すること です

肌を露出させる部分を少なくすることが、やっぱり1番の予防なんだそうです




また、保育園では園児に虫よけスプレーを使うことが出来ないので、なるべく登園前に虫よけスプレーをしてくるようお願いされています


【 子どもが舐めても大丈夫なくらい安全な虫よけスプレー 】

保育士の先生には、「ディートが入っている市販の虫除けは使わない方がいいですよ」と毎年言われているので、
(ディートは、乳幼児や子供が吸い込むと神経障害を招くことがある物質で、日本では生後6か月までの赤ちゃんには使用してはいけないことになっているそうなんです)


ここ数年は、ベビーマッサージの先生もしている元助産師の蛯原英里さんがブログで紹介していて知った
100%天然成分 で作られている「アロベビー UV&虫除けミスト」をリピートして使ってます


>> アロベビー 国産オーガニックUV&虫除けミスト


万が一、子どもの口に入って舐めちゃっても大丈夫なくらい安全な成分で作られている虫よけスプレーなんです

顔や首もけっこう蚊にさされやすい場所なので、安心して顔に使える虫よけってありがたいですよね!


娘の顔につける時には、一旦わたしの手の平にシュシュッとしてから、頬のあたりに塗ってあげてますが、ベタツキ感もほぼ無いし、柑橘系のアロマの香りなので、娘は顔にも嫌がらずにつけさせてくれるので助かってます




虫除けとしての効果ですが、家を出る時に顔・首・腕・脚に塗ってあげていますが、今のところ、まだ蚊に刺されずに済んでいます
(娘の園は午前中に外遊び、午後は室内遊びがほとんどです)


ディート不使用の虫除けスプレー色々使ってみましたが、「アロベビー UV&虫除けミスト」が、安心面・使いやすさ・虫よけ効果を総合的にみて、1番オススメできる虫よけスプレーです☆

1本で1ヶ月くらいは持つので、わたしはお得な2本セットで購入してます(送料無料&10%OFFになります)

>> 無添加・無香料・無着色 アロベビー UV&虫除けミスト





人気記事



SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*